So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

とろサーモン [芸能]

今月3日に行われた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ・とろサーモンが15日、東京・神保町のNSC東京で講師として特別授業を行った。優勝後、芸能イベントに初登場した2人は、“王者最高齢”の38歳という年齢からくる疲労感をにじませ「しんどいわ…」と多忙ぶりを語ったようです

 『M-1』優勝直後から仕事が殺到し、秒刻みのスケジュールで大忙しのとろサーモン。村田秀亮(38)は「スケジュールが真っ黒ではなく、漆黒ですね」と苦笑し、久保田かずのぶ(38)も「昔は痩せてたスケジュールが肥えましたね」と独特な表現で多忙ぶりを明かした。

 あらためて報道陣から優勝を祝福されると「ありがとうございます」とにっこり。村田は「だんだん、(実感が)湧いてきました。3日間ぐらいはなかったですけど、いろんな兄さんと一緒に仕事させてもらえて…」と感慨深げ。久保田は「時間の大切さがリアルに分かりました。3時間ぐらい家帰れるときに、小腹空いてポップコーン食べてて、こんなん食べる場合ちゃうやろと、すぐに寝ました」と一変した生活ぶりを話した。

 ただ、史上最高齢となる38歳で王者に輝いたことが仕事をする上でネックになっているという。久保田は「体力ですね。我々、もう38歳なんでね…。もう若手じゃないから」とがむしゃらに仕事できる年齢ではないとポツリ。村田も「めちゃくちゃ仕事をやれるのはうれしいんですけど、しんどいんですわ。体が持たへん」とこぼしたが、想像を絶する仕事量はしばらく続きそうで2人は「もっと鍛えておけばよかった」と後悔していた。

 講義はNSC生から質問を受ける形式で進行。「芸人人生で1番つらかったこと」「賞レース前にテンションを上げる方法」「漫才中に意識していること」などNSC生の疑問にときおり、毒舌も交えながらM-1王者らしく真摯に答えた。「生まれ変わっても芸人になりたいですか」という質問に久保田は「やりたくねぇ。きれいな鳥でありたい」と返答し、爆笑させた。

 オトナグミという女性コンビの中澤彩子さんが質問のマイクを握ると久保田は「美人過ぎるやろ」と思わずツッコミながら、「女芸人が大切にすべきこと」という質問に村田は「きれいにした方がいい」と返答。美人の女性コンビ代表としてオセロを挙げながら久保田は「洗脳されんなよ」とギリギリアウトなアドバイスを送ったそうです

共通テーマ:お笑い

堀北真希 [芸能]

今年2月いっぱいで芸能界を引退した元女優の堀北真希さん。

 堀北さんは、舞台『嵐が丘』での共演をキッカケに知り合った俳優・山本耕史と15年8月頃に結婚。昨年12月に第1子を出産したことを発表し、家庭に専念するため、芸能界引退を発表しましたね

 スポーツ紙デスクはこう語る。

「現役時代は、今どき珍しい清純派女優として人気を集めていた堀北さんですが、そのイメージそのままに夫の山本さんとの交際が発覚するまでは浮いた話はほとんどなく、一部では処女説まで取り沙汰されていたほどです。交際発覚当時は、山本さんによる新幹線での待ち伏せプロポーズや度重なるラブレター攻勢も話題になりました」

 独身時代は清純派を貫き、仕事面はもちろん、プライベートの面でもプロ意識の高さが際立っていた堀北さんだが、結婚&出産をキッカケに芸能界を引退した後、いまだに公の場に姿を現していない。

「古巣の所属事務所は、育児が落ち着いた後の将来的な復帰も見越して『仕事はしなくてもいいから、せめて在籍だけでもしていてほしい』と要求したようですが、堀北さんの方が断ったそうです。それだけ、意思が固かったということでしょう。一部では夫の山本さんの個人事務所から復帰するのではという情報も流れましたが、堀北さんの所属事務所は数多くの人気女優を抱える大手ですし、芸能界での夫の立場を考えるとその可能性は低いと思います」(同スポーツ紙デスク)

 多くの女性芸能人が結婚や出産後は主婦タレントやママタレントに“キャラ変”したりなどして生き残りに執着する中、人気女優でありながら電撃引退後はスッパリと芸能界との縁を切った堀北さん。

 潔さも魅力の一つだが、その存在や私生活がベールに包まれれば包まれるほど、注目を集めるのも元人気女優の業である。

「電撃引退発表後、一向に公の場に姿を現さない堀北さんに対しては、いまだに写真週刊誌をはじめ、多くのメディアが貴重なプライベートショットを激写しようとマークしています。中には自宅近くに記者やカメラマンを張り込ませている媒体もあるようですが、なかなかその存在が確認できず、『潔癖症のあまり自宅から一歩も出ないのでは?』と噂になっているほどです。現役時代からスキャンダルが報じられることがなく、“マスコミ泣かせ”の女優でしたが、そのあたりは引退後も変わっていないですよね」

共通テーマ:日記・雑感

みやぞん ヘッドスピン [芸能]

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて今年スタートした、不定期開催の人気企画『世界の果てまでイッタッキリ』

同企画にて、類まれなる才能とセンスを発揮し一躍人気者となったのが、ANZEN漫才のみやぞんだ。そんな彼が10日の放送でブレイクダンスの大技、ヘッドスピンに挑戦。
しかし、現地における番組スタッフの言動に、視聴者から批判が殺到する事態となっているようです

■お題は「ヘッドスピンを2週間で」
世界の果てまで赴き、出されたお題をクリアするまで帰国が許されないという、過酷な同企画。今回みやぞんに課せられたお題はアメリカ・ロサンゼルスでの「ヘッドスピン」。
しかも、10回回らなくては認められない他、スケジュールの都合上これをわずか2週間でものにしなくてはならない。チャレンジ早々、みやぞんはブレイクダンサーたちから指導を受けながら、ヘッドスピンのベースとなる三点倒立をマスター。
持ち前の運動神経とセンスで幸先の良いスタートを切ったが、三点倒立から先へは中々進めず、苦戦を強いられてしまう…。

■リタイア宣言に「バカにしてるの?」
必死に練習を重ねるみやぞんだったが、2週間以内での習得は不可能と判断。日本で別の仕事が控えていることから、みやぞんから番組スタッフへ「リタイア宣言」が。
しかし、そんなみやぞんに対し番組スタッフから「バカにしてるの?」との発言が。みやぞんから「日本で練習を継続し、スタジオで(ヘッドスピンを)披露する」という提案が出されるとそれが承諾され、みやぞんに帰国が許された。
帰国後、プロブレイクダンサーによる指導を受けながら、仕事の合間を縫って必死に練習を重ねたみやぞん。スタジオではシンプルなフォームでの安定したヘッドスピンを披露し、歓声があがった。

■スタッフの言動に批判の声
「2週間でヘッドスピンを取得」というさすがに難易度が高すぎた今回の企画。必死に難題に挑むみやぞんに対するスタッフの言動に対し、視聴者からは批判的な声が多くあげられている。

何かみやぞん可哀想だわ…。
スタッフも何か「は?何お前。2週間で出来ねえの?金使ってんだからやれよマジで。」
見たいな態度だったよねさっき。
何か無茶ぶりされてるいじめられっ子見てる気分であんまり好きじゃないな…。

イッテQのみやぞん企画、スタッフチンピラかよ。。「バカにしてる?」とか引いたわよく放送したな、バカにしてんのはそっちじゃないの?みやぞんのポテンシャルと努力頼み過ぎだろ。

みやぞんのヘッドスピンチャレンジ。
スタッフの上から目線がすんごい鼻に付いた…「バカにしてんの?」とか、超多忙の中頑張った人になんでそんなこと言うんだろう。そっくりそのままお返ししたいわ。 #イッテq #みやぞん

必死に頑張っている人に対する言葉としては不適切な言葉だ、と指摘するような声も

異国の地での大胆なチャレンジが、笑いと感動を生み出している同番組。しかしながら、今回はさすがに無理があったようですね

共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

SEO対策テンプレート