So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行なら楽天トラベル

これが痩せる暮らし [ダイエット]

■10キロ痩せたころの生活

では、まず10キロ痩せた生活のポイントをお伝えします。とくに食事制限や、ダイエット法を実践していた訳ではありません。

(1)ウィンドウショッピングで1日8,000歩

学生のころ、電車で通学して校内で教室移動するだけでも、4,000~5,000歩近く歩いていました。さらに、学校帰りに寄り道してウィンドウショッピングをして帰れば、8,000歩くらいは余裕で達成!

(2)栄養バランスのよい食生活

実家にいたころ、母のおかげで毎日栄養バランスのよい食事をすることができました。もちろん、ときには友人と外食したり、飲み会に出かけることも。

(3)毎日開脚ストレッチ

習慣になっていたのが、お風呂上がりのあとの開脚ストレッチ。歯を磨きながら、TVを見ながら、雑誌を読みながら……無理なく続けることができていました。



■10キロ太ったころの生活

(1)1日1,000歩以下

社会人になって車通勤に変わると、1日1,000歩もいかない日々。でも毎日疲れているので、万歩計をつけるまでは、動いていない意識はありませんでした。

(2)毎日必ず外食&早食い

営業職だった筆者は、得意先に向かう途中でお店に入ってランチを食べていました。時間に追われて、早食いすることもしばしば。

(2)むくみを放置

プライベートでも車に乗ることが増え、それまではわからなかった“むくみ”を実感するように。その日にケアせず、翌日に持ち越していました。



■結局これだけやれば痩せる!

上記のように比べてみると、痩せるポイントは、3つあるとわかります。

(1)1日8,000歩以上歩く

8,000歩以上毎日歩くには、極力階段を使うこと、1駅歩いてみること、早起きして散歩してみることなど、意識が必要。まずは万歩計を付けて、今の現状を知って危機感を持つことです。

(2)外食をやめて「まごはやさしい」食生活に

忙しいと外食の誘惑にかられます。でも、自分でルールを決めて外食を最小限にとどめて。また、「まごはやさしい」と表現される、「まめ、ごま、わかめ(海藻類)、やさい、しいたけ(きのこ類)、いも類」を毎日摂るように心がけましょう。肉類や炭水化物の摂りすぎにも注意して。

(3)ストレッチで血行アップ

先述のように、ならがストレッチなら無理なく続けられるでしょう。開脚ポーズは簡単なので、誰でもできます。徐々に角度を広げられるように、がんばって。



太った時期と痩せた時期の生活を比べてみると、痩せるためにやるべきことがわかりました。年齢のせいにせず がんばりましょう

共通テーマ:日記・雑感

SEO対策テンプレート