So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

2017年にデビューする国産新型車 [ニュース]

新しい年の最初の情報は、お約束の「2017年にデビューする国産新型車」。6車種しかニューフェースが無かった大不作の2016年を考えれば、ほぼ毎月のように新型車は出てくると考えていいだろう。

噂の新型フォレスターや新型ジュークを写真でチェック(画像34枚)

以下、現時点で判明している新型車カレンダーを。


2017年1月 トヨタ ヴィッツHV

トップバッターは12日に発表となるヴィッツハイブリッド。すでに欧州で販売されているモデルである。

外観も若干代わり、テールランプ形状は12月に発表されたWRC用ヤリスと同じ。日本市場だとアクアと食い合いになる?


2017年2月 トヨタ プリウスPHV/スズキ ワゴンR

延期されていたトヨタ プリウスPHVがやっと発売。若干不安視されているのは価格。「高い価格だったため売れなかった先代を反省し案外お買い得」という説と「けっこう高い」という事前情報流れていたけれど、どうやら後者のようだ。

装備内容の差や、10~15万円程度と目される補助金など考慮しても50万円ほど高い模様。これだけ価格差あるとエネルギーコストの差では回収出来ない。厳しい展開か?

スズキ ワゴンR、燃費不正問題で発売時期が延期されていたものの2月デビューが決まった。軽量化で実用燃費を伸ばしてくるらしい。


2017年3月レクサスLC

レクサス LCは3月16日の発売が決定済。すでに試乗レポートも出回っている。価格は1300万円からということで、最初から売れそうな雰囲気無し。

クルマ好きならBMWのM4や、ポルシェ911あたりを考えるんじゃなかろうか。私なら0.1秒も迷うことなく911を選ぶ。


2017年4月 スバルXV

高い評価を得ているインプレッサスポーツをベースにしたスバル XV。

当然の如く歩行者エアバッグやアイサイト3を全グレードに標準装備。人気車になること間違いなし。


2017年5月 日産ジューク

日産 ジュークは欧州デビューが先か、日本も同時に発表となるか不明ながら、新型マイクラの兄弟車であるジュークのフルモデルチェンジを行う。

気になる欧州仕様のマイクラ(日本名マーチ)は「ノートとバッティングする」という理由で日本導入を決めていないようだ。


2017年6月 スズキ スペーシア

スズキが軽自動車で攻めに出てくる。ダイハツ タントや、ホンダN-BOXと比べ、売れ行き不振のスペーシアを全面刷新!

地味なデザインとブランドイメージの薄さを克服出来るだろうか?


2017年8月 ホンダ シビック(セダン/ハッチ/タイプR)

出る前から「厳しい」と解っているクルマは珍しい。国内販売部門が経営陣に対し「シビックの市場は無い」と意見を申しているようだけれど「売るのが仕事だ!」と話を聞いて貰えないという。

武器も戦略も無しに「とにかく戦え!」と、言うだけだった第二次世界大戦の『大本営』を思い出す。


2017年9月 ホンダ N-BOX/レクサスLS/スバル フォレスター/三菱 新型SUV

予定より若干遅れのホンダ N-BOXがデビュー。今やホンダの国内販売における屋台骨だけに失敗は許されない。スズキ スペーシアの仕上がり次第では厳しい戦いになる?軽自動車も自動ブレーキの性能勝負が始まっており、出遅れてしまったホンダやいかに。

デトロイトショーでワールドプレミアとなるレクサス LSが日本でも発売される。1000万円以上の高額車ということもあり、販売台数は期待出来ないが話題のミラーレス車となる模様。

スバル XVに続き、インプレッサのプラットフォームを使った車種の第三弾となるフォレスター。車高があるため歩行者エアバッグの採用は微妙ながら、CX-5と並び世界最高クラスの安全性能を持つSUVになる。

三菱が久々の新型モデルを投入。フランクフルトショーにRVR級のスポーティなSUVを出展するようだ。日本での発売は不明。東京モーターショーで見られることだろう。


2017年10月 マツダCX-6/ホンダ ステップワゴンHV/セレナe-POWER

マツダCX-6 東京モーターショーがワールドプレミア。日本と欧州市場を重視した3列シートのSUVということだけ判明している。

ホンダ ステップワゴンHV & セレナe-POWERがいよいよ登場。ほとんど同じタイプと言ってよく、シリーズハイブリッドの2モーター式ハイブリッドを採用する人気ミニバン2モデルが追加される。

トヨタがスープラを最終試作モデルという状況で発表する。BMW製の4気筒2リッターターボ搭載モデルで500万円程度になるようだ。市販モデルは2019年となる模様。


2017年11月 ダイハツ ミライース

ダイハツの裏番長であるミライースは、さらに実用燃費を向上させて登場する。低価格戦略は継続か?

デザインさえ良ければ爆発的なヒットも。


2017年12月 トヨタ カムリ


共通テーマ:自動車

SEO対策テンプレート