So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

アカデミー賞 [ニュース]

第89回アカデミー賞授賞式が2月27日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、全世界興収10億ドルを突破した大ヒット作で、オスカー前哨戦も圧倒的な強さを見せていた大本命『ズートピア』が「長編アニメーション賞」を獲得したようです

一方、スタジオジブリが海外のスタジオと共同製作した『レッドタートル ある島の物語』は受賞を逃した。ジブリ作品は『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『思い出のマーニー』、そして本作と4年連続で「長編アニメーション賞」の候補に挙がったが、いずれも涙をのんでいる。

動物たちが人間のように暮らすハイテク都市「ズートピア」を舞台に、ウサギの新米刑事・ジュディと、キツネの詐欺師・ニックがタッグを組んで、続発する動物失踪事件の謎を追いかける。2月には「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第44回アニー賞で、作品賞にあたるアニメーション映画賞をはじめ、主要6部門を制覇していた。

ステージでは「世界中でのこの映画を観てくれた人たちに感謝します。この物語を受け入れてくれた“寛容”は、我々を分断しようとしているものよりも強いものだ」とコメント。さらにジョン・ラセターや両親たちへの感謝を思い思いに伝えた。

個性あふれる動物たちが暮らすさまが“多様性”の象徴として描かれ、公開時には「アメリカの縮図」と評されたほど。トランプ政権の誕生によって、アメリカ社会の基盤でもある多様性の重要性が根幹から揺らぐ事態となった現在、本作が放つメッセージはより強力なインパクトを残す結果となっているようですね

共通テーマ:映画

マツコ・デラックス [ニュース]

 マツコ・デラックスが、男性保育士による女児の着替え問題やアルバイトの病欠罰金問題、音楽教室からの著作権料徴収問題などが取り沙汰される現状に「もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」と閉塞(へいそく)感を指摘し、根本的な議論が必要だと私見を述べたそうです

 マツコは6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」で、男性保育士が女児の着替えを行うことの是非がネット上で議論されていることについて、多くの自治体が待機児童問題を抱えている現状において「全部クレームを入れてたら、そんなに世の中すべての人が100%満足できる形なんてないわけじゃん。心配してるのはわかるんだけど、まずはもっと大きな問題になってるところを解決する上で、男性保育士さんになってもらわないと困るわけだし」と、問題解決の優先順位をはっきりと認識すべきとの考えを示した。

 またアルバイトの女子高生が病欠して代わりを探さなかったことを理由に店側から減給制裁を受けたことが話題となっていることについて、「子どもたちに関わることで1つでも問題点をクリアにしていこうっていうことには異議はない」とした上で、「労働ってそんな簡単なことじゃなくて、ブラックってよく言うけどブラックかホワイトっていう問題でもない。ほぼグレーでみんなやってるわけじゃない? そのうやむやの中でみんながバランスを取りながら労働をしていくっていうのが社会。そこを全部、四角四面に労働基準法というものだけで判断をしてやったときに、はたして社会って成立するのかな」と疑問を投げかけた。

 そしてJASRACの問題に話がおよぶと、「今日はなんか全体的にそんな話になっちゃってるけど、たぶんこういう重箱の隅をつつくようなことだったり、いろいろ文句を言わないと、もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」とため息。「そりゃJASRACだって本音はさ、営利目的でやってる音楽教室といはいえ、子どもたちが音楽を習ってるわけじゃん、そんなところから(お金を)取りたくないと思うのよ。もっと潤沢に昔みたいにCDが売れるとか、そういうんであれば『じゃあカラオケから取ります』とか、CDが200万枚300万枚売れてたら言わないと思うのよ」と推察するとともに、「多分もう無理なんだろうね、いろいろ…」と悲観した。

 社会全体の行き詰まりを指摘するマツコは、これらの問題を解決するためには「やるんだったら徹底してやらなきゃダメだと思う。保育園(の問題)だって『全部言うこと聞きますから、その代わり税金上げますよ』とか。だってお金がないとできないんだから。そこをうやむやにしたまま議論を進めても、結局10年たっても解決なんかしないと思う。だから最終的には、『日本はどういう国としてこれから歩んで行くんですか?』っていうところを議論しないと」と持論を展開したそうです

共通テーマ:日記・雑感

2017年にデビューする国産新型車 [ニュース]

新しい年の最初の情報は、お約束の「2017年にデビューする国産新型車」。6車種しかニューフェースが無かった大不作の2016年を考えれば、ほぼ毎月のように新型車は出てくると考えていいだろう。

噂の新型フォレスターや新型ジュークを写真でチェック(画像34枚)

以下、現時点で判明している新型車カレンダーを。


2017年1月 トヨタ ヴィッツHV

トップバッターは12日に発表となるヴィッツハイブリッド。すでに欧州で販売されているモデルである。

外観も若干代わり、テールランプ形状は12月に発表されたWRC用ヤリスと同じ。日本市場だとアクアと食い合いになる?


2017年2月 トヨタ プリウスPHV/スズキ ワゴンR

延期されていたトヨタ プリウスPHVがやっと発売。若干不安視されているのは価格。「高い価格だったため売れなかった先代を反省し案外お買い得」という説と「けっこう高い」という事前情報流れていたけれど、どうやら後者のようだ。

装備内容の差や、10~15万円程度と目される補助金など考慮しても50万円ほど高い模様。これだけ価格差あるとエネルギーコストの差では回収出来ない。厳しい展開か?

スズキ ワゴンR、燃費不正問題で発売時期が延期されていたものの2月デビューが決まった。軽量化で実用燃費を伸ばしてくるらしい。


2017年3月レクサスLC

レクサス LCは3月16日の発売が決定済。すでに試乗レポートも出回っている。価格は1300万円からということで、最初から売れそうな雰囲気無し。

クルマ好きならBMWのM4や、ポルシェ911あたりを考えるんじゃなかろうか。私なら0.1秒も迷うことなく911を選ぶ。


2017年4月 スバルXV

高い評価を得ているインプレッサスポーツをベースにしたスバル XV。

当然の如く歩行者エアバッグやアイサイト3を全グレードに標準装備。人気車になること間違いなし。


2017年5月 日産ジューク

日産 ジュークは欧州デビューが先か、日本も同時に発表となるか不明ながら、新型マイクラの兄弟車であるジュークのフルモデルチェンジを行う。

気になる欧州仕様のマイクラ(日本名マーチ)は「ノートとバッティングする」という理由で日本導入を決めていないようだ。


2017年6月 スズキ スペーシア

スズキが軽自動車で攻めに出てくる。ダイハツ タントや、ホンダN-BOXと比べ、売れ行き不振のスペーシアを全面刷新!

地味なデザインとブランドイメージの薄さを克服出来るだろうか?


2017年8月 ホンダ シビック(セダン/ハッチ/タイプR)

出る前から「厳しい」と解っているクルマは珍しい。国内販売部門が経営陣に対し「シビックの市場は無い」と意見を申しているようだけれど「売るのが仕事だ!」と話を聞いて貰えないという。

武器も戦略も無しに「とにかく戦え!」と、言うだけだった第二次世界大戦の『大本営』を思い出す。


2017年9月 ホンダ N-BOX/レクサスLS/スバル フォレスター/三菱 新型SUV

予定より若干遅れのホンダ N-BOXがデビュー。今やホンダの国内販売における屋台骨だけに失敗は許されない。スズキ スペーシアの仕上がり次第では厳しい戦いになる?軽自動車も自動ブレーキの性能勝負が始まっており、出遅れてしまったホンダやいかに。

デトロイトショーでワールドプレミアとなるレクサス LSが日本でも発売される。1000万円以上の高額車ということもあり、販売台数は期待出来ないが話題のミラーレス車となる模様。

スバル XVに続き、インプレッサのプラットフォームを使った車種の第三弾となるフォレスター。車高があるため歩行者エアバッグの採用は微妙ながら、CX-5と並び世界最高クラスの安全性能を持つSUVになる。

三菱が久々の新型モデルを投入。フランクフルトショーにRVR級のスポーティなSUVを出展するようだ。日本での発売は不明。東京モーターショーで見られることだろう。


2017年10月 マツダCX-6/ホンダ ステップワゴンHV/セレナe-POWER

マツダCX-6 東京モーターショーがワールドプレミア。日本と欧州市場を重視した3列シートのSUVということだけ判明している。

ホンダ ステップワゴンHV & セレナe-POWERがいよいよ登場。ほとんど同じタイプと言ってよく、シリーズハイブリッドの2モーター式ハイブリッドを採用する人気ミニバン2モデルが追加される。

トヨタがスープラを最終試作モデルという状況で発表する。BMW製の4気筒2リッターターボ搭載モデルで500万円程度になるようだ。市販モデルは2019年となる模様。


2017年11月 ダイハツ ミライース

ダイハツの裏番長であるミライースは、さらに実用燃費を向上させて登場する。低価格戦略は継続か?

デザインさえ良ければ爆発的なヒットも。


2017年12月 トヨタ カムリ


共通テーマ:自動車

Appleの初売り 1月2日 [ニュース]

Apple(アップル)は2017年1月2日に初売りを開催します!

お正月を思わせる赤一色の壁紙に、Apple Watchがドーンと表示された公式サイト。一体なにが販売されるのか、気になりますね

実はAppleは例年お正月に「初売り」とオトクな商品が詰まった福袋的な「Lucky Bag」を販売していたのですが、2016年には両者とも取りやめに。その理由は定かではありませんが、一説にはAppleが過度な行列形成を嫌ったという話も聞きます

そして今年開催される初売りは「このサイトとお近くのApple Storeで開催」と案内されているように、オンラインでも購入が可能なようですね。一方、Lucky Bagについては特に言及はなし。こちらは復活しないかもしれません

なお、1月2日のAppleの店舗の開店時間は朝10時〜夜8時までと、開店時間は普段通りで閉店時間が1時間短い模様(仙台一番町と伊勢丹新宿は記載なし)

初売りで何が販売されるのかはまだわかりませんが、ぜひともAppleの年明けのビッグイベントを楽しみに待ちましょう
タグ:Apple 初売り

共通テーマ:日記・雑感

開運!なんでも鑑定団 [ニュース]

番組始まって以来、最大のお宝発見だ! これまで世界に3点しか存在しないと言われてきた幻の焼き物「曜変天目茶碗」の4点目がテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」で発見された。12月20日放送の同番組で発見の様子が放送されるそうです


幻の4点目の「曜変天目茶碗」は、骨董好きの依頼人の曽祖父が、明治時代に戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて買い求めた大量の骨董の一つだ。

入手した骨董の大半は昭和20年の大空襲で焼失したものの、お宝は郊外の資材置き場にしまいっぱなしだったため無事だった。

30歳で茶碗を譲り受けた依頼人。当初は興味がなく押入れにしまいっ放しだったが、最近気になり調べたところ、価値の高い天目茶碗との可能性がでてきた。本当に価値があるか知りたく、今回「なんでも鑑定団」に鑑定を依頼したという。

もともとは中国で焼かれた雑器だが、室町時代に日本にわたり、その美に魅了された茶人たちの間で人気となった天目茶碗。その中でいちばん珍重されているのは、窯の中で偶然うわぐすりが変化し、美しい文様を呈した曜変天目。文様は偶然の産物であり、再現するのは極めて困難とされている。

現在する3点の曜変天目はいずれも国宝で、生産地の中国にも現存しない。現在、曜変天目茶碗の一つを所蔵する藤田美術館によれば「室町時代の文献にも最上のものとされています」という。

時の権力者に愛された茶碗で、織田信長が所有した曜変天目は本能寺の変で焼失したとされている。

天目茶碗を調べた鑑定士の中島誠之助は「鑑定団始まって以来、最大の発見」と断言した。「曜変天目茶碗」はいずれも国宝であり、文字通り国宝級の発見となる。

番組ではこれまで、坂本龍馬の手紙2通(4000 万円)、巨匠レオナール・フジタが描いた「日本のモナ・リザ」と称賛された絵(3000 万円)、日本最古の郵便物(3000 万円)、マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億 5 000万円)などお宝を発見してきたが、岡田英吉プロデューサーは「今回はさらにすごい!」と興奮。

「鑑定士中島誠之助が番組 22 年の歴史の中でも『最大の発見』と大絶賛する様には思わず体が震えました。日本にはまだまだ本当にすごいお宝が眠っていて、それを紹介できることは当番組の最大の喜びでもあります。ぜひその喜びと興奮をお茶の間の皆様にも一緒に味わっていただきたい」とコメントしているそうです

共通テーマ:テレビ

レクサス リコール [ニュース]

トヨタ自動車は16日、ブレーキ装置に不具合があったとして、高級ブランド「レクサス」のワゴン車「NX300h」「NX200t」の2車種計3万7283台(2014年6月~16年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たようです

同省によると、渋滞時などにブレーキから足を離しても停車し続ける「ブレーキホールド状態」が、シートベルトを外すと解除され車が動く恐れがある。制御ソフトの不具合が原因で、プログラムを改修して対応するそうです

共通テーマ:自動車

Amazon Dash Button [ニュース]

Amazon.co.jpは12月5日、Amazonプライム会員向けのボタン型小型端末「Dash Button」を発売した。男性の親指サイズほどのガジェットで、本体にある物理ボタンを押すだけで、スマートフォンやパソコンを開くことなくAmazonの特定商品が購入できるようです

価格は税込500円。ただし、初回購入時は500円相当が差し引かれるため、実質無料で手に入れることができる

また、ひとつのDash Buttonに登録できるのは1商品のみだが、登録商品が異なるDash Buttonの複数購入も可能だそうです

詳しくは https://gunosy.com/articles/RoipG

共通テーマ:日記・雑感

町田市の一部が 神奈川県になる [ニュース]

東京都の南端に位置する町田市。以前から巷では「神奈川県説」が囁かれていたが、2016年12月1日、町田市の一部が実際に神奈川県に編入されたそう

町田市と隣接する神奈川県相模原市との市境界の一部が変更されたことにより、同時に都県境の一部も変更となったため、町田市の一部が神奈川県に生まれ変わったのだ

東京都と神奈川県の間を流れる境川の改修によって生じた飛び地による不都合を解消するため、これまでにも町田市と相模原市との間では行政境界変更が数度実施されてきた

今回の変更区域は、町田市小山町付近の約2.3キロメートル、相模原市中央区・緑区の約1.9キロメートルの区間だ。事業は変更の対象区域内の住人、土地・建物の所有者等関係権利者全員から同意を得た区域について順次実施している

市境界の変更によって町田市の行政面積は約2900平方メートル増加するが、市の総面積はこれまで通り71.80平方キロメートル。一方の相模原市の総面積は、328.82平方キロメートルから328.91平方キロメートルとなった(いずれも小数点3位以下切り捨て)

https://gunosy.com/articles/aAZcS

共通テーマ:ニュース

東京ディズニーランド イッツ・ア・スモールワールド [ニュース]

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が、東京ディズニーランドが開園35周年を迎える2018年春、大幅にリニューアルすることがわかった。リニューアル後は『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフを始め、ディズニー映画に登場するキャラクター約40体やディズニー映画の音楽も新たに追加となることが決定したそうです

この「イッツ・ア・スモールワールド」とは、東京ディズニーランドのオープン当初からある人気のアトラクション。ゲストはボートに乗って世界各国の子どもたちや動物たちに迎えられながら、“世界で一番幸せな船旅”を体験するというストーリー。その旅はヨーロッパからスタートして、アジア、アフリカ、中南米、南太平洋の島々などをめぐって、フィナーレでは、世界中の子どもたちがテーマ曲である「小さな世界」を仲良く合唱。小さな子どもから大人まで、とても数多くのゲストに愛されている老舗のアトラクションだ

同アトラクションの大幅リニューアルは、東京ディズニーランドのオープン以来初めてのことで、ディズニー映画に登場する、さまざまなキャラクターが新しく加わるほか、映画の名シーンを彷彿とさせる音楽が、「小さな世界」の楽曲内に織り込まれる予定だという

旅の始まり、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場するという。このほか、ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など、アジアは『ムーラン』や『アラジン』、そしてアフリカでは『ライオンキング』などといったディズニー映画のキャラクターが約40体も加わって各シーンを華やかに彩って、さらに幸せな船旅へと変化する

※現行「イッツ・ア・スモールワールド」は、2017年3月1日(水)よりクローズ

共通テーマ:日記・雑感

ウィンナー 回収 [ニュース]

食品製造会社「フードリエ」(大阪府高槻市)は10日、ウィンナーの3商品、約9万袋を自主回収すると発表した。一部の商品からプラスチック片が見つかった。原料として仕入れた豚肉や調味料に、混入していた可能性があるという。購入者から指摘が6件あったそうです

 対象は近畿以西で販売した「パリッと朝食ウインナー250g(増量)」「あらびきウインナー316g」のうち、賞味期限が今月25、27日のもの。関東以西で売った「家族の定番あらびきウインナー220g」のうち、賞味期限が今月24、25、27日のもの。問い合わせは同社お客様センター(0120・010・305)

最近 多いですね

共通テーマ:ニュース

SEO対策テンプレート