So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

山里亮太 [芸能]

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(40)が27日、フジテレビ系で放送された「ダウンタウンなう」に出演。許せない先輩女性芸人を告白したそうです

 ダウンタウン、坂上忍から、テレビで言っていない“許せない芸能人”を教えてほしい、と迫られた山里。放送上はピー音で消されていたが、「○○」と人気女性芸人の名前を挙げた。松本人志が「意外な…」とつぶやいた女性芸人は、「めちゃくちゃ先輩」で「昔、その方、むちゃくちゃ全盛期だった」という人物だという。

 その女性芸人は「昔すっごい僕のこと嫌いだったみたいで、収録中に『お前、スタッフの間でお荷物って言われてんの、知ってる?』って言われて。いつも言うのが、『お前、干すからな』。カメラ回ってるところで『お前干すからな』って言うんだったらいい、でも、カメラ回ってないところで、これぐらいの距離(至近距離)で言うんです」と恐怖体験を語った。

 山里は言い返すこともできず、モジモジして「ちょっと…」「すみません…」と返すだけ。しかも毎回収録で会うたびに言われたそうで、山里はあまりの「ストレス」で、その女性芸人の「悪口だけを言うライブを大阪で定期的にやってました」と告白。ダウンタウンらは爆笑していた。
タグ:山里亮太

共通テーマ:お笑い

欅坂46 平手友梨奈 メンズ誌モデル [芸能]

人気急上昇中のアイドルグループ「欅坂46」で不動のセンターを務める平手友梨奈が、ファッション誌の企画で「1日限定」の「メンズモデル」デビューすることがわかったようです

25日発売のニューシングル『風に吹かれても』ではクールな男装姿も話題になっているが、誌面では旬のメンズファッションを身に纏ったグラビアを披露。さらに120分を超えるロングインタビューでは、ファンが気になる近況、そして今ひとりの16歳としての想いを、独占告白!  今回は、24日発売「ストリートジャック12月号」掲載インタビューの内容を一部先行してお届け! 

ーー今回は一日限定で、ストリートジャック誌の“メンズモデル”として登場いただいたわけですが…。

平手 メンズの服は結構買うんです。オーバーサイズでダボッとてしているから着やすくて大好きなんですよ。それに最近、海外のファッション雑誌をよく買うんです。そういう服を着させていただいて、テンション上がりましたね。

ーー新曲『風に吹かれても』のイメージである「スーツの男装」はインパクトがありました。とくに平手さんは髪をバッサリ切られて。驚きました。

平手 え~、やっぱり、そうなんですね。すごく言われます。

――アレは、ご自分で「切りたい」って思ったんですか? 

平手 はい。正直、人生初の短さです。今回の楽曲で「男の子っぽさを表現したい」って思っていたので切ることに抵抗は全然なくて。「とにかく女の子っぽさは捨てて、男の子っぽくやってください、可愛さはいりません」って言いました。でも、いざ切るっていう瞬間にはちょっと緊張しましたね(笑)

――一番最初に、あのビジュアルが世に出た時のインパクトはすごかったです。これまでの欅坂46のイメージとも違うし、MVも平手さんがすごく楽しそうで。「楽しそう×カッコイイ」というダブルインパクト! 

平手 カッコイイ(笑)。でもたしかにMVを見て思うのは……珍しく明るいですよね(笑)。MVを撮っていただいた新宮(良平)監督も『笑って!』って言っていて。撮影現場の雰囲気もすごく良くて。ダンスもメンバー同士ハイタッチしたり、顔を見合ってアイコンタクトをするシーンも多くて。みんなすごく楽しそうでした。

――新宮監督といえば、『二人セゾン』や『不協和音』でもメガホンをとっていらっしゃいますよね。

平手 すごく熱い方なんですよ。監督が言っていたことがすごく頭に残っていて、「今までいろいろ〝僕は嫌だ! 〟とか言ってたけど、〝人生こんなもんでしょ〟っていうテンションで行くから!」って言われたんです。歌の一番最初に出てくる『that's way!』っていうのも『そんなもんさ』っていう感じの意味らしくて。歌詞もすごく軽いし、そういう感じでいいんじゃないかなって

――でも、どうでした?  これまで『サイレントマジョリティー』や、『不協和音』といった尖った曲が多かったじゃないですか。その中で「人生こんなもんでしょ?」と言われて、平手さん的にはスッと入ってきました?  戸惑いはなかったですか? 

平手 でも、一気に吹っ切れた感じはありましたね。『人生、こんなもんだよね』って思うこともありますし。この曲は、いろんな読み取り方ができると思うんです。恋愛っぽい感じもありますし、人生について言ってる感じもあるし。……でも、すべて繋がってるなって思うんです。

――すべて繋がっている。

平手 はい。『サイレントマジョリティー』とか、『二人セゾン』も『不協和音』も、全部歌詞というか世界観が繋がってるなって思うんです。だから今回の『風に吹かれても』もそうで。まぁ、『不協和音』のあとにこの曲が来るとは、私たちも予想できなかったですけど(笑)。

共通テーマ:芸能

橋本環奈 [芸能]

最新作『斉木楠雄のΨ難』で、山崎賢人扮する斉木楠雄に思いを馳せる自意識過剰な学園アイドル・照橋心美を全力で演じ切った橋本環奈。『銀魂』に続きメガホンを取った福田雄一監督を唸らせたその表現力は、まさに今までの殻を打ち破る新境地だ。女優として快進撃を続ける橋本が、コメディ映画で演じることの楽しさや難しさ、貪欲なまでの役作り、さらにはソロデビューから半年を経た現在の心境を快活に語ったそうです


 本作は、週刊少年ジャンプの連載にて大好評連載中の漫画家・麻生周一による同名コミックを実写映画化した学園コメディ。最強の超能力を生まれ持ちながら、普通の生活を送ることを望む高校生・斉木楠雄が、ワケありのクラスメイトたちによって見舞われるハチャメチャな日常を爆笑シーン満載で描く。主演の山崎、橋本をはじめ、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、内田有紀、田辺誠一、さらには福田組の常連ムロツヨシ、佐藤二朗など、個性派俳優の演技合戦も見応えがある。

 『銀魂』の顔合わせのときに福田監督から「照橋心美もカンカン(橋本の愛称)にお願いしたい」とラブコールを受けたという橋本。「まだ『銀魂』の撮影も始まっていない時期、私が(『銀魂』の)ヒロイン・神楽をどう演じるのかもわからない状況だったので、本当に予想外でした」と述懐する。『銀魂』が終わってわずか2週間で本作のクランクイン。戦闘種族のオバカ少女・神楽から一転、ナルシストの学園アイドル・照橋心美へ。役作りをする上で混乱はなかったのだろうか。「キャラクターが全く違うので混乱はなかったですね。むしろ神楽をやり切った経験が照橋さんに生きたと思う」と笑顔を見せる。

 ただ、役作りそのものには相当苦しんだという。「斉木に煙たがられても“照れているだけ”とか、“私は絶対嫌われていない”とか、すべて自分のいいように捉えるところはすごくポジティブなんですが、振り向いてくれないと健気に追いかけるところは案外“ピュア”なのかな? と思ったり。あれこれ考えはじめたら、“これは簡単な役どころじゃないぞ”という思いが湧き上がってきて、すごく気持ちが入りましたね」と当時を振り返る。


 天下無敵の美少女を自覚しながら、そのハンパない空回りぶりで破壊力抜群の笑いを生み出す照橋心美。神楽に勝るとも劣らない弾けたキャラクターだけに、やり切ることへの不安はなかったのだろうか。「リスキーだなと思ったことは1ミリもないです(笑)。中途半端に演じたら、それが一番面白くないということを『銀魂』の現場で痛感したので。照橋さんの表の顔も、裏の顔も、とにかく全力でやり切ることを心がけました」とコメントも爽快だ。

福田組でコメディ映画のヒロインを立て続けに演じ、「新しい扉を開いた」と目を輝かせる。「グループを辞めても、お仕事に対する考え方は全く変わりません。1本1本、目の前の作品に集中する。その姿勢だけは、これからも貫いていきたい」。

 思えば、奇跡の1枚と言われた写真から始まった快進撃。イメージを固定されると、それを超えられず消えていくのが常だが、橋本はそれを上回る魅力を次々と発信していった。「自分自身も超えられないと思っていました。いきなり環境が変わってついていけないときもありましたが、一生懸命やっていく中で、ここまでやって来られたことに今は感謝しています。運もよかったと思いますね」。大きな瞳に愛らしさと芯の強さが同居する橋本環奈。今後どんな女優に育っていくのか、期待の目で追っていきたいですね

 映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国公開

共通テーマ:映画

成宮寛貴 [芸能]

「9月上旬、ベルリン在住の邦人から『繁華街で、ときどき元俳優の成宮寛貴さんを目撃するよ』と聞きました。どうやら成宮さんは、親しいドイツ人男性を頼りにしているようです。その人は飲食関係の仕事をしていて、成宮さんは内装や接客などのアドバイスをして手伝っていたそうです」

欧州を拠点にする日本人ビジネスマンから、芸能界を引退した元俳優・成宮寛貴氏(35)の近況が伝わってきた。

昨年12月、《今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい》と言い残し、表舞台から姿を消した成宮氏。じつは欧州に渡っていたのだ。同年11月に『フライデー』で報じられたコカイン使用疑惑がきっかけで芸能界から去った成宮氏。一時バリ島に“避難”したが、ほどなく帰国。ファッション業界で再起の道を探っていたという。広告代理店関係者が明かす。

「現実は甘くありません。しっかりとした説明なく引退した成宮さんには、どうしてもダークなイメージを感じてしまいます。ファッションブランドは老舗の百貨店とも取引するので、そうした負のイメージは敬遠されますから……」

親しい演出家に相談して舞台で俳優復帰するという計画や、飲食店開業計画があることも以前の本誌の取材でキャッチした。だが、どれも進展したという話は聞こえてこない。

「日本ではこれ以上の展開が望めないと思ったのか、8月くらいに仲間内で『寛貴がベルリンに移住するみたいだよ』という話が広まったんです」(成宮氏の友人)

それが冒頭のベルリンでの目撃情報に繋がったのだ。

「ドイツに渡航したときは『いずれは国際結婚をして、日本国籍を失ってもいい』という覚悟までしていたと聞きます。ところが最近になってドイツを離れ、スウェーデンに移住したんです。英語が得意でない寛貴にとって、長い海外暮らしは精神的にきついのかもしれません」(前出とは別の友人)

異国でのさみしさを埋めるためだろうか。成宮氏は最近、インスタグラムで近況を公開し始めていた。

「承認がなければ閲覧できないものと、一般の人でも閲覧できるものを使い分けているんです。“成宮寛貴”で検索してもヒットしないアカウント名になっているため、“知る人ぞ知る”という状態ですね」(前出・別の友人)

9月29日には、成宮氏がタンクトップ姿でジムにいる写真を仲間内のインスタグラムで公開。その後、一般向けのインスタグラムでも公開した。写真には英語で《落ち込んだ時は、ジムに行く》とコメントが付けられていた。たしかに日本にいたころよりも、ずいぶんたくましくなったように見える。

ほかにも一時帰国したときに食べたという牛丼の写真や、肌身離さず持っているという母親の写真などもインスタグラムに掲載していた。更新があれば、500件を超える“いいね”が寄せられる。さらに、芸能界への復帰を望むたくさんのコメントも……。

「常に脚光を浴びてきた人ですから。インスタグラムに寄せられるファンのコメントを見て、“もう一度、芸能界に戻りたい”という思いを強くしているのではないでしょうか」(前出・友人)

インスタグラム経由で成宮氏にコメントを求めたが、期日までに回答はなかったそうです
タグ:成宮寛貴

共通テーマ:芸能

緒形敦 [芸能]

2008年に他界した俳優、緒形拳さん(享年71)の孫で俳優、緒形直人(50)と女優、仙道敦子(のぶこ、48)夫妻の長男、緒形敦(あつし、21)が15日スタートのTBS系「陸王」(日曜後9・0)で俳優デビューするそうです

父似の優しい顔立ちのイケメンは、父子3代でのNHK大河ドラマ主演に意欲を燃やし、「ハリウッドにもいつか挑戦したい」と壮大な夢を掲げた

 母の敦子と同じ漢字の敦は、祖父、拳さんと父、直人譲りの丸い輪郭と鼻筋の通った風貌に、母譲りの優しい目元が特徴的な21歳のイケメン。TBSの看板枠「日曜劇場」での俳優デビューに「信じられない。父は『よかったじゃん』と。母はすごい喜んでくれた」とはにかんだ。

 「陸王」では主演の役所広司(61)扮する老舗足袋業者の社長の息子(山崎賢人、23)の親友役で「命をかけるくらい頑張らないと」と豪華俳優陣との共演に強い覚悟をにじませた。

 祖父は映画賞を多数受賞した名優で、父も日本を代表する実力派。さらに美人女優として活躍した母を持つ俳優一家に誕生したが、幼少期の夢はサッカー選手だった。

 高校は米国に単身で留学し、現地の大学に合格していたが、「進路を考えたときに、本気でやりたいと思ったのが俳優だった」とDNAがうずいて帰国。昨年、憧れの山田孝之(33)が所属する芸能事務所、スターダストプロモーションのオーディションを出自を明かさずに受け、合格。1年間の演技レッスンを経て、奇しくも直人と同じ21歳を迎える年のデビューとなった。

 父から演技の助言はもらっていないが、2011年のTBS系「南極大陸」で直人が演じた記者役に「熱がすごい伝わってきた」と興奮。普段は優しかった祖父が、1979年の映画「復讐するは我にあり」で殺人犯に変身した姿には「こんなに人は変わるんだ」と圧倒され、俳優としての姿から勉強する日々だ。

 拳さんは65年の「太閤記」と82年の「峠の群像」、直人は92年の「信長 KING OF ZIPANGU」でNHK大河ドラマに主演。3代での大河座長に敦は「いつかやってみたい」と断言。英語も堪能なだけに「ハリウッドにも挑戦したい」と3代目ならではの夢も抱き、国境のない役者を目指す
タグ:緒形敦

共通テーマ:テレビ

ドクターX 米倉涼子 [芸能]

女優の米倉涼子(42)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第5シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)が12日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は20・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かったそうです

 4月クールの同局「緊急取調室」(木曜後9・00)の17・9%(初回)を上回り、今年の民放連続ドラマ1位の数字。20%の大台超えは初。人気シリーズとはいえ、平均視聴率2桁を獲得するも容易とは言えない現在のテレビ界において“異次元”の、貫禄の好発進となった。

 瞬間最高視聴率は午後10時1分の23・9%。

 第1弾(2012年10月クール)は全8話平均19・1%、最終回24・4%。第2弾(13年10月クール)は全9話平均23・0%、最終回26・9%。第3弾(14年10月クール)は全11話平均22・9%、最終回27・4%。第4弾(16年10月クール)は全11話平均21・5%、最終回22・8%と大ヒットを記録した。

 孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。今回は“患者ファースト”を掲げる初の女性院長・志村まどか(大地真央)が誕生した日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、新たな権力争いに立ち向かう。第1シリーズ以来5年ぶりに田中圭(33)段田安則(60)が登場。永山絢斗(28)陣内孝則(59)草刈正雄(65)が初参戦した。

 脚本は林誠人氏、寺田敏雄氏、香坂隆史氏。演出は田村直己氏、松田秀知氏。主題歌はシリーズ5作連続してSuperflyが担当。今回はダブル主題歌「Force―Orchestra Ver.―」「ユニゾン」。

 初回は、未知子(米倉)が旅先で乗った路線バスの運転手・車田(松沢一之)が意識を失い、心肺停止状態に。未知子は通り掛かった「謎の女」の助けを借り、車田を麓の病院へ運ぶ。その病院は、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本(田中)が切り盛りしていた。未知子は森本を助手にして救命処置を行うが、設備が足りないため、近いうちに車田の再手術を行うと言い残し、その場を去る。一方、東帝大学病院は、新院長・まどか(大地)がクリーンな医局を取り戻そうと、大改革を推し進めていた。まどかこそ、未知子が先日出会った謎の女だった。まどかは最新設備の整った大学病院で手術をするのが最善策だと判断し、車田を転院させ、未知子を雇う。しかし、まどかは未知子を車田の執刀医から外し、米国にいる心臓外科の世界的権威・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼したと発表する…という展開だったそう

共通テーマ:テレビ

安室奈美恵 タトゥー [芸能]

来秋限りでの引退を突然宣言し、その存在感と同時代への影響力が再評価されている歌姫・安室奈美恵さん。全盛期の彼女の腕には、親族に殺害された亡母への思慕と愛息の名前が彫られ、タトゥーは一時、安室さんの代名詞でさえあった

しかし「そのトレードマークが消えた…!?」 とファンの間で騒がれ出したのは4~5年前。2013年頃から徐々に薄れてきた様子が検証されだし、その後のDVD作品では、完全に消えている姿が確認されて話題を呼んでいた

その除去理由についても、いわゆるアムラー間では「過去と決別」し、「あくまでも歌で勝負したい」という「ポジティヴな姿勢」と讃美されたのは、彼女の変わらぬ存在感の証しでもあった

一方、一般社会では「タトゥーを入れた人」の9割(90.1%)が後悔しており、過去に「入れたいと思ったが(結局)入れなかった」という躊躇派の実に96.3%までが、「あのときに入れなくてよかった」と顧みているという興味ぶかい調査結果が公表されたそうです

共通テーマ:音楽

亀梨和也 [芸能]

現在“充電期間”としてグループ活動を休止しているKAT-TUNメンバーの中で、もっとも露出が多い亀梨和也。今年4月期の主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)では共演の山下智久と「亀と山P」を結成して主題歌を担当し、8月には『24時間テレビ』(同)のメインパーソナリティーを務め、現在はソロコンサートを開催中。それ以外にも、スポーツ番組のレギュラーやCMを抱えるなど多忙を極めている。もともとグループ内でもずば抜けた人気を誇っていた亀梨だが、業界評もかなり高いようだ

ある撮影で、亀梨と一緒に仕事をしたというスタッフは、「いろんなジャニーズタレントを見てきたけれど、亀梨くんほど礼儀正しいジャニーズは見たことがない。芸能人の中でもトップクラス」と絶賛。
「撮影終了の合図がかかって、みんなで『お疲れ様でした~』とあいさつした後、普通の芸能人ならすぐに控室に帰っていくのが当たり前。スタッフに頭を下げながら去って行くのは良い方で、仕事が終わった途端にかったるい感じで退場する人だっています。しかし、亀梨くんは笑顔であいさつしてスタジオの出入り口まで歩いて行ったと思ったら、そのままそこで立ち止まったんです」

ほかのスタッフ達も「どうしたのかな?」と困惑したものの、とりあえず片付けに取り掛かったとか。結局、亀梨はスタッフが片付け終わり、スタジオを出て行くまでずっとその場を動かなかったという。
「実は、亀梨くんはスタッフが仕事を終えるまで待つためだけに、そこに立ち続けていたんです。スタッフが1人、また1人とスタジオを出ていくたびに、改めて『今日はありがとうございました』と伝え、最後の1人にまでお礼を言い終えてから帰って行きました」

たまたま次の仕事までに余裕があったのかもしれないが、それならなおのこと、さっさと1人になって休んでも良かったはずだ。特に、亀梨が忙しいのは周知の事実なのだから、早々に控室に消えて行っても誰も変に思わなかっただろう

「ぶっちゃけ、あきらかに態度の悪いジャニーズだっています。それだけに、亀梨くんの礼儀正しさには感動しました」

その人となりこそが、亀梨が愛される理由といえそう
タグ:亀梨和也

共通テーマ:日記・雑感

後藤真希 [芸能]

後藤真希が、23日、Instagramにてドレス姿の写真を公開したようです

後藤は、自身のInstagramに「Today’s my Birth Day★」とコメントを添え、肩を出したドレス姿の写真を公開した。この日は、後藤の32歳の誕生日だった

この投稿にファンからは、誕生日を祝福する声が多く届いたほか、「より色っぽくなりましたね」「ドレス姿とっても綺麗です」「いつでも美しいごっちんは私の憧れ」「こんな綺麗なママがいて娘さんと息子さんが羨ましいですね」」「とっっっても綺麗です」「相変わらず可愛く美人です」「ドレスもまきさんも本当にお綺麗」「歳を重ねても美しい女性代表ですね」と、ドレス姿を絶賛する声も寄せられた。

後藤は、15年の12月に第1子となる女児を、今年の3月には第2子となる男児をそれぞれ出産。ママとしても奮闘中だが、Instagramでは2児のママとは思えないスタイルを維持している写真を度々披露している。

また、先日にはブログで「歌を歌うにはまだ色々と勇気が必要ですが、もしもファンの皆と会えるなら いつかまた会える日を楽しみにしていますね」と、今後の歌手活動に含みを持たせたコメントをしていたようです

タグ:後藤真希

共通テーマ:芸能

諸星和己 [芸能]

元光GENJIの諸星和己(47)が16日、カンテレ「胸いっぱいサミット」に出演し、SMAPの解散騒動時に自身の発言が編集されたことに不満をぶつけたそうです

番組ではジャニーズ事務所を退所した元SMAPのメンバーについてトークを展開。MCのお笑いコンビ、ますだおかだの増田が「退所のニュース、諸星さんはどのように」と意見を求めた

諸星が「ええ!?」と応じると、ますだは「え、じゃないです」。諸星は「おれ、この番組で2年前、去年くらい、解散騒動の時に来たじゃないですか。その時に全部言ってますよ。編集するからだよ!この番組、ちょきちょきちょきちょき。美容室じゃねえんだから」と以前、出演した時に自身の発言が編集されたことに強い口調で不満を訴えた

ここで東国原が「あんたの発言はだいたいカットなんだよ!」と説教開始。「怖いから生放送は。生放送でよく使ったなと思う。怖いんだよ、何言うか分からないから」と発言に気を付けるように促すと、諸星は笑って首を左右に振ったそうです
タグ:諸星和己

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート