So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

中条あやみ [芸能]

満を持しての連ドラ初主演である。同世代の女性から絶大な支持があり、CMで見せる可憐さから男性からの人気も上昇中の中条あやみ(22)が主演する「白衣の戦士!」(日本テレビ系)が4月10日にスタートした。初回の平均視聴率は10.3%とまずまずの出足だったようです

“奇跡の9頭身”といわれるだけにスタイル抜群、白衣も似合う。何よりも可愛い。こんな看護師さんがいたら、男性なら誰だってお世話してもらいたいとも思うはず。とはいえ、不安要素も結構あって……。

「本当に可愛いですよね。連ドラ初主演で、初回2桁超えは合格点です。それもこれも、女性に嫌われず、男性からの人気も上がっている中条へのご祝儀でしょう。ただ、あまりにお手軽な作りのため、2話以降が心配されています」(芸能記者)

 中条演じる新米看護師“はるか”は、自由奔放な明るい性格だが、おっちょこちょいで失敗を繰り返す。一方、同じくW主演の水川あさみ(35)の看護師“夏美”は、はるかの指導役で院内でも信頼厚いベテラン看護師という設定だ。

 この設定について放送中から、観月ありさ(42)と松下由樹(50)が演じた90年代のコメディドラマ「ナースのお仕事」(フジテレビ系)そっくり、という声がSNS上で話題になった。また、当時の観月並の棒演技との声も……。

「もちろん独自色もあって、はるかの場合は“元ヤン”という要素が加わわり、怒りに震えるカットが入ります。ただ、これも昔のアイドル映画のように可愛さ満開で、古い。夏美も仕事そっちのけでお見合いに一生懸命という印象でした。最近の医療ドラマは、専門的な技術や知識を駆使したものが多かっただけに、なんだかすごく軽く感じてしまうのです。朝日新聞の『試写室』欄にまで〈同様の設定で人気を博した『ナースのお仕事』を思い出すが、あまりに想像通りの展開。深刻すぎる医療系ドラマも見づらいが、ここまで緊張感が薄いのも考えものだ。旬の俳優2人の共演でもあり、次回以降は期待したい〉と書かれていたほどでした」
中条と言えば、ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして女性からの支持を獲得。さらに“売れる女優への登竜門”と言われる「ポカリスエット」やNTTドコモ「dカード」、「GU」、「ハーゲンダッツ」、菅田将暉(26)とハモるトヨタ「カローラスポーツ」など数々のCMで男性からの人気も得た。女優としては映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(東宝)などにも出演したが、連ドラ主演はこれが初めて。ファンにとっても待ちに待ったという感があったのだが……。

「彼女が所属する事務所が得意とする売り方ですね。かつて同じ事務所の田中麗奈(38)を、サントリー『なっちゃん』や富士フイルム『フジカラー』といったCMで視聴者にインパクトを与えてから女優業に進出させました。ただ今回は、その作品がちょっと古くさかったかもしれません」(同・芸能記者)

 また、他の出演者たちも、なんだか昔の名前で出ているような、引っかかる役柄なのである。

 水川は、かつて「医龍―Team Medical Dragon―」(フジテレビ系)にも看護師役で出演している。“バチスタ手術”の成功に向け“チーム・ドラゴン”を率いる天才外科医(坂口憲二[43])の相棒的なオペ看護師を演じており、まさに信頼の厚い役柄だった。

 看護師長役の沢村一樹(51)は、「DOCTORS~最強の名医~」(テレビ朝日系)で、文字通り最強の外科医を演じていた。

 外科医役の安田顕(45)は、「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」(フジテレビ系)の放射線科准教授、もしくは「下町ロケット」(TBS系)の技術開発部部長の印象がまだ強い。

 そして、主任ナースを演じる片瀬那奈(37)は、バラエティ「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)で、“嫌味なお局役を演じさせたら日本一”と言わしめた実力の持ち主であり、本来、水川が演じる“お局”的看護師の夏美が似合いそうだ。

 さらに同じくナース役の鈴木紗理奈(41)は、本物の“元ヤン”として名を馳せた過去がある。

 なんだか、少しずつキャスティングにズレが生じているような……。

「中条は16年からこの3月まで『アナザースカイ』(日本テレビ系)の女性MCを務めるなど、バラエティにも好んで出演しており、スタッフにも評判がいい。その可愛さを前面に出そうとしたことが、緩い作りになってしまったのかもしれません。コメディ路線でも構いませんが、それなら“1000年に1人の逸材”と言われた橋本環奈(20)が『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で見せたキレたヤンキー役が絶賛されたように、振り切った演技が必要かもしれません」(他局プロデューサー)

週刊新潮WEB取材班

2019年4月17日 掲載

タグ:中条あやみ

共通テーマ:テレビ

アンゴラ村長 [芸能]

男女お笑いコンビ『にゃんこスター』のアンゴラ村長が、世の男性たちを喜ばせてくれるとの情報をキャッチしたそうです

ご存じの通り、「にゃんこスター」はコント日本一を決める『キングオブコント』の2017年大会にて、結成半年ながら準優勝という快挙を達成。インパクトの強い芸風や女性芸人にしては恵まれたアンゴラ村長の容姿が一晩で注目され、テレビやCMに引っ張りだこの大ブレークコンビとなった。

しかし、結成間もないゆえにバラエティーでは実力の浅さがあらわになり、伸び方が急激だった反動もあってか仕事はすぐに減少。また、2人が結婚を前提に交際しているカップルでもあったことから、容姿に惹かれたファンをアンチに転身させてしまい、メディア露出と好感度が同時に下がるという憂き目に遭ってしまった。

再ブレーク狙いでエロキャラに路線変更!?

テレビ出演が減った現在は営業を中心に活動しており、ネタに取り入れている特技「なわとび」を生かしたなわとび教室も開催中。ツイッターでも頻繁に動画を公開しているのだが、その技術のみならず「胸の揺れがいい」と違う角度からの称賛を浴びることもある。そして、こうした反応が〝次なる生き残り策〟につながる可能性があるとのことで――。



4/6(土)さがみ湖プレジャーフォレスト
①11:00? ②16:00?
遂に初!コラボパフォ&なわとび教室! https://t.co/xD1QCcVS7q




4/6(土)TBS 24:58?
オールスター後夜祭!かずみんに会える!




4/7(日)海老名ビナウォーク
①14:00? ②16:30?
コラボパフォ&なわとび教室!
? にゃんこスター アンゴラ村長 (@pupumumumu)
April 5, 2019
from Twitter

「メディア露出が減少している『にゃんこスター』の巻き返し策、それはアンゴラ村長のグラビア進出です。なわとび動画で垣間見える〝乳揺れ〟はポテンシャルの証明ですし、胸を寄せて谷間を強調した画像をツイッターに投稿し《グラビアオファーお待ちしてます》と自ら発信したこともありましたから。この画像はネットユーザーの間でかなり好評でしたし、芸人としてはかわいい部類のルックスも生かさない手はありません。女性芸人の写真集やDVDは相当話題になりますから、再ブレークしたい本人、ヒット作を生みたい出版社や映像メーカー、性欲を解消できる男性たちの誰もが得をする話ですよ

グラビアオファーお待ちしてます
[目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート][目がハート] #BS朝日 #極上空間 #1mmでもいいなと思ったらRT #芸人グラビア
? にゃんこスター アンゴラ村長 (@pupumumumu)
July 19, 2018
from Twitter

5月に25歳の誕生日を控え、30代に片足を入れる時期に差し掛かっているアンゴラ村長。グラビア進出に関しては、若くて肌艶がいいうちに決断してほしいものだ。

共通テーマ:お笑い

いだてん [日記]

視聴率の低迷が続くNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は、3月31日放送分で“ストックホルム編”が終了し一区切りついた。

 そんな中、8日オンエアのTBSラジオ「ACTION」に「いだてん」の脚本家・クドカンこと宮藤官九郎がパーソナリティーとして出演。ドラマの舞台裏について初めて口を開いた。リスナーによってはNHKに対する“恨み節”にも聞こえたのではないか。

 16時に始まったコーナーでクドカンは〈愚痴のコーナーです!〉と前置きすると、〈このドラマは2014年の暮れにNHKから三島弥彦と天狗倶楽部の資料が大量に送られてきたことが始まりでした〉と告白。その後、「シナリオハンティング」と称してストックホルム、ベルリン、さらには開催中のリオ五輪にも連れて行かれたそうだ。そのために長女の学芸会や運動会に行けず、家族旅行も潰れたという。ちなみに、クドカンはスポーツに興味がないという。それなのに、このドラマの構想に5年の歳月を費やし、そのためにさまざまなことが犠牲になったことをほのめかした。

 脚本を書き始めてからはさらに過酷な日々だったようだ。クドカンはこう証言した。

〈脚本ができるまでには5段階のプロセスがあるんです。白本→青本→準備稿→内容決定稿→決定稿。こうして脚本は完成するわけです。その間、何度となく時代考証などが行われるのです。“あの時代にこういう言葉はありませんでした”とか、“こういう文化はありませんでした”とか。明治時代の時代考証、スポーツ考証、熊本弁、浜松弁の考証とか、さまざまな考証が入ってくるのです〉

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「もちろんドラマ制作において時代考証などは大切ですが、クドカンのような一流脚本家にとって、自分の作品に次々と手を入れられることは面白くなかったと思います。彼はラジオの中でドラマ1話当たり4日から1週間を要したと証言していました。それが白本が決定稿になり、脚本が表紙付きの台本となった時にはほぼ原形をとどめない“別の作品”になってしまったと彼は言いたかったのかもしれません。必然的に“クドカンテイスト”も薄まってしまったはずです」

 クドカンは〈(NHKには)優秀なスタッフが何人もいて、収拾のつかなくなった私の脚本の情報整理を見事なくらい手際良くやってくれるのです〉と語っていたが、これを文言通りに受け取るのは難しい。自分の作品を“殺した”NHKに対する皮肉ではないか。

 クドカンは言わずと知れた一流脚本家である。この5年の間に自分がやりたい舞台や作りたい音楽があっただろう。リスナーには、“失われた5年間を返して欲しい”とNHKに訴えかけるようなクドカンの悲痛な叫びに聞こえたのではないか。
タグ:いだてん

共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

SEO対策テンプレート