So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

T.M.Revolution 大阪府立登美丘高校ダンス部 [音楽]

大阪府立登美丘高校ダンス部が12月11日、T.M.Revolutionの『HOT LIMIT』をダンスする新作動画をYouTubeで公開した。ネット上では動画が投稿されるやたちまち話題となり、たった2日間で290万回再生を記録。「いいね」の数も43万回超えと驚異的な人気となっているようです


新しいダンス動画では、30人以上のメンバー全員が西川貴教に扮し、有名なあの『HOT LIMIT』衣装を着て、一糸乱れぬキレキレの踊りを披露している。

ネット上では「もうプロと言ってもいい、スゴ過ぎる」「西川貴教とコラボで紅白出場してほしいわ」「あえてUSAにいかず、TMを選曲するあたりにセンスを感じる」「合成ってくらいそろっててスゴい」など、絶賛のコメントがあふれている。

「昨年、登美丘高校ダンス部は『ダンシング・ヒーロー』に乗せてダンスを披露し、荻野目洋子が再ブレークするきっかけを作りました。同曲は発売から30年以上がたっているにもかかわらず、ビルボードチャートの2位にランクインするなど社会現象にもなりましたね。T.M.Revolutionの『HOT LIMIT』は1998年にリリースされた曲ですが、今回、ダンス曲に使われたことで、早くも『リバイバルヒット間違いなし』の声が上がっています」(芸能記者)

来年の活動に期待

動画の公開を受けて、11日、西川が自身のツイッターを更新。「『HOT LIMIT』リリースから20年たっても、こんな風に楽しんでもらえるなんてスゴいうれしいです!登美丘高校ダンス部の皆さん、本当にありがとうございます!」と感謝のコメントを発表した。

「すでに登美丘高校ダンス部と西川とのコラボ企画に動きだしているとの話も聞こえています。アマゾンミュージックでは同曲のCDはすでに売り切れていて、入荷予定になるほどの人気です。昨年の大みそかの紅白では、郷ひろみとコラボした登美丘高校ダンス部ですが、今年、西川とともにサプライズ出演ともなれば、さらなる大ヒット間違いなしでしょう」(芸能記者)

業界内では、「リバイバルヒットのキーパーソンは、登美丘高校ダンス部コーチである振付師の“アカネキカク”」ともいわれており、二匹目のドジョウを狙う音楽関係者が接触を試みているという。

ダンス部の素晴らしい踊りもさることながら、西川にとっては来年につながるいい年の瀬になったに違いない。

共通テーマ:音楽

とんねるず [芸能]

とんねるずを巡って再燃した“解散説”が、先月の本紙報道後もネット上などで話題になっている。先月放送された、かつての人気番組の復活特番に木梨憲武(56)が出演しなかったことから、石橋貴明(57)との間に決定的な溝が生じたといわれるこの一件。新たな情報が浮かび上がったようです

 とんねるずの2人にできた「溝」については他の媒体も報じて、ネットユーザーの間で拡散している。

 発端はフジテレビ系で11月24日に放送された特番「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」。3月に終了した同局の長寿バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナーを復活させたものだったが、木梨は出演しなかった。本紙では木梨が番組企画に反対していたとのテレビ関係者の話などを伝えたが、別のテレビ局関係者も改めて「一部では、木梨が同番組の出演を拒否したといわれています」と語る。

 木梨の姿勢には、妻で女優の安田成美(52)の意向が影響しているのではないかという。

「木梨は安田に絶大な信頼を寄せている。一説には、彼女が今回の特番への出演を拒否するよう、夫の木梨に助言したに違いないとまでいわれています」(前同)

 現在、安田は木梨のプロデューサー的存在になっているという声も。

「実は、あまり知られてはいませんが、木梨のアーティスト活動をプロデューサー的に支えているのは安田なんです。木梨が絵の個展を開く際、事前にその会場を訪れて“ここには木梨のこの絵が合う”なんてセレクトするそうです。しかも、安田のプロデュース能力は非常に高いと評判で、木梨の絵の個展は次々と大成功を収め、さらに大きな話が舞い込んでくるといいます」(大手芸能プロ幹部)

 10月に、とんねるずはファンクラブをクローズしており、本紙既報のように解散説も飛び交っている。

「とんねるずは結成40周年を控えています。解散は、まずないですよ。あるとすれば“活動休止”。今後のコンビの命運を握っているのも“安田プロデューサー”かもしれません」(同幹部)

 石橋と木梨、そしてとんねるずの命運は、安田の手中にあるのか
タグ:とんねるず

共通テーマ:芸能

ローラ [芸能]

タレント、ローラ(28)が11日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた米映画「アリー/スター誕生」(21日公開)のジャパンプレミアに出席したようです

 国民的ミュージシャンとの出会いでスターダムを駆け上がるアリーの栄光と葛藤を描いた感動エンターテインメント。

 スペシャルサポーターを務めるローラは、左ふとももと胸元を大胆に露出した超セクシー衣装で屋外ステージに登場。開口一番、「寒いーっ!」と悲鳴を上げて盛り上げた。また、監督・主演・製作を務めた米俳優、ブラッドリー・クーパー(43)が颯爽と登場すると会場は一気にヒートアップした。

 アリー役の米歌手、レディー・ガガ(32)の熱演に感動したファンが“ガガ泣き”していることを知らされたローラは「実は私も“ガガ泣き”したの。バッチリメークしてたけどボロボロ泣いて。本当に心に響いた」と共感した。

 同作は第76回ゴールデン・グローブ賞の映画部門で作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞、主演男優賞、監督賞、主題歌賞の5部門にノミネート。クーパーは「自分のすべてをかけてリアルを追求した作品。皆さんが夢をかなえるきっかけになる作品になれば」と笑顔でPRした。今回来日できなかったガガのメッセージ映像も流れ、最後にローラがクーパーに縁起物の巨大熊手を贈って大ヒットを祈願した
タグ:ローラ

共通テーマ:映画
前の3件 | -

SEO対策テンプレート