So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

斎藤工 [芸能]

最近、ネットでは斎藤工(37)の“神対応”が話題になっている。6月11日、シンガポール観光大使を務める彼が、都内で開催された「シンガポール・フーディーズ」に参加。同国の魅力を語ったばかりでなく、「全員に食べて欲しい」と自ら報道陣に料理を運んできたというのだ。実はその3日後、六本木で行われた、とある番組のパーティーでも

 6月14日、六本木駅からほど近いイタリアンの店には、芸能人やテレビ局関係者など100名近くが集まった。パーティーの発起人はヒデちゃんこと中山秀征(51)。彼がMCを務めた夕方の情報・バラエティ「ラジかる!!」(日本テレビ:2005年10月~06年3月)、これに続く朝の情報・バラエティ「ラジかるッ」(同:06年4月~09年3月)の卒業10周年の同窓会である。

 参加者の一人が言う。

「同窓会と同時に、ヒデちゃんと一緒にMCを務めた賀集利樹(40)が4月に結婚したこと、そして宮崎宣子アナ(39)が独立したこと、そして当時のプロデューサーが還暦を迎えたことも一緒に祝っちゃえというパーティーでした。番組が終了して10年も経つのに、こんなに集まるとは思いませんでしたよ」

 そこには、元フジテレビアナのチノパンこと千野志麻アナ(41)も現れたという。

「彼女が13年に死亡事故を起こして全ての番組を降板して以来、こうした場所に出席したのは初めてかもしれません。彼女にとって『ラジかるッ』は、フジを退社してから初の他局レギュラー番組でしたから、思い入れもあるんでしょうね。そろそろ現場復帰もしたいでしょうし、スタッフに挨拶して回っていましたよ」

 そして、斎藤工が現れたのである。

「ひょっとしたら来てくれるかも、と言う人はいました。ですが、まさかホントに来るとはね。もう女性陣は大騒ぎでした」

 それはそうだろう、今や飛ぶトリを落とす勢いの工クンである。

「ファンの間では有名な話ですが、彼はまだ売れる前、夕方『ラジかる!!』のレギュラーでした。といっても、オーディションで選ばれた番組マスコット的なイケメン5人組“ラジかる5”のうちの一人で、視聴者から番組に届いたお便りを読み上げるという役目でした。そして番組が朝に変わった『ラジかるッ』では、旧“ラジかる5”からは唯一、継続して出演することになったのが彼です。やっぱり華がありましたし、真面目でしたからね」(同)

 朝の「ラジかるッ」で生き残ったのはいいが、そこで任されたのが金曜日の新コーナー「レッド&たくみの誘われて人妻温泉」という企画だった。お笑いコンビTIMのレッド吉田(53)と共に、悩みを抱える人妻を、温泉とイケメンでもてなし癒やす……、朝っぱらから放送する? なんて声もあった企画だった。

「人妻と混浴までして、頑張っていましたけど、彼にとっても“黒歴史”かもしれません。だから、来ないかもしれないと思っていた人が多かったと思います。そこへやって来て、『私が今あるのは“人妻温泉”のおかげです』とスピーチまでしてくれたんですよ」(同)

 当時は、もちろん悩みもあったらしい。本人曰く、

「俳優を目指すはずが、情報生番組の人妻と混浴温泉リポートだけで、ちょっと腐っていました。その時、救ってくれたのが毎回、現場から自家用車で送ってくれたレッド吉田さんの言葉でした。『君はこれで終わる人間じゃない。きっとこの経験が生きるから、腐らず頑張れ!』、この言葉で、僕は今までやってこられました」

「スピーチを聞いて、感涙にむせんでいる人も少なくなかった。これこそ神対応でしたよ」(参加者)

 会場では、“ラジかる5”の一人として、斎藤が手紙を読み上げていた時代のVTRも流されて、盛り上がったという。義理堅き男。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月22日 掲載
タグ:斎藤工

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。