So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ひなたまりん [芸能]

「芸能人がAVデビュー」と聞くと、AVファンでなくとも気になってしまう、甘美な響きを持つ言葉ではないだろうか。そんなドキドキが7月19日に実現する。「ひなたまちゃん」こと、ひなたまりんが老舗メーカー・S1からデビューするのだ。

しらべぇ取材班では、ひなたまちゃんに撮影についての感想や今後の展望について話を聞いたそうです

■デビューに秘められた想い

デビュー前は、モデルやダンサーとして活動していたというひなたまちゃん。今回AV出演するに至った経緯は、どのようなものだったのだろうか。

ひなたま:モデルとかダンサーの活動をやってたんですけど、ある程度の位置まで行って、これ以上は上に行けないなって思ったんですね。でも、もっと有名になりたい。そう考えたときに、この業界にチャレンジしてみようかなって。

■自分を出す、自分が商品

さらなる高みを目指して飛び込んだAVの世界。最初の撮影も大胆不敵にやってのけそうだが、「恥ずかしい」という気持ちが強かったという。

ひなたま:私、他の新人女優さんよりも、だいぶ恥ずかしがってたんじゃないかなって思います。

モデル活動をしてるときにランジェリー(のモデル)もやっていたので、下着姿には全然抵抗ないんですけど、それは商品を見てもらうから平気だったんですね。

でも、「自分を出す」「自分が商品」っていうのはまずない。なおかつ裸になるっていうのが恥ずかしさに繋がったんだと思います。

■「ヤバい、かわいい」と思った

恥ずかしさを乗り越えて、完成させたデビュー作。そして、2本目、3本目と撮影を続けていく中で、1本1本の作品を作ることの難しさを感じたという。課題も見つかったそうだが、「さすが、ひなたまちゃん」と思わせてくれるキュートな感想を話してくれた。

ひなたま:1本目の撮影のときに、どうカメラを見たらいいかわからなくて。カメラ目線で上目づかいとか、もともとアイドルだったわけではないので、男性ウケがわからないんですよ。

でも、3本目で初めて完成した映像を観て、ちょっと自分で言うのも何なんですけど、「ヤバい、かわいい」って(笑)。

■テロップを入れたいくらいの内容

ひなたまちゃんのデビュー作には、インタビューに同席していた同作のプロデューサーも、「めちゃくちゃかわいかった」と太鼓判を押す。さらに、最初の撮影では、彼女のAV女優としての可能性に「スタッフみんなで感動した」のだという。そのことを本人に聞いてみると…

ひなたま:最初の撮影のときに、ローションが必要な女優さんもいるらしいんですけど、私は全部自分だからなあ。「これはフィクションではありません」って(テロップを)入れたいくらい(笑)。それくらい気持ちよかったです。

■変態なのはバレてしまっているので

No image
モデルやダンサーの仕事で彼女自身が納得のいくところまで突き詰めた。そして、AV女優として活動を始めた今も、その強い気持ちは変わらない。ひなたまちゃんにとって、デビューは通過点に過ぎないのだ。

ひなたま:今までは、「エロに興味ない」っていう空気感のある場所にいて、だいぶ隠してきたんですけど、1本目から私がすごく変態なのはバレてしまったので、これからは隠さず、エロを広めようと。

じつはエロがすごく好きって自分でも改めて思いましたし、「なんかこの仕事のほうがあってんじゃね?」ってことを、この(AV女優の仕事を始めてから)3ヶ月で感じましたね。

だから、モデルやダンサーで満足するくらいまでできたように、この仕事でも結果を出したいですし、期待されてる分、期待に応えたいです。

■後悔はさせない、期待は裏切らない

最後に、デビュー作を待望しているファンに向けてメッセージをもらった。

ひなたま:まあまず、「誰だこいつは?」ってなりますよね。でも、買って後悔はさせないし、どんどん良いものを発信できたらいいなと思います。期待は裏切りません。

共通テーマ:芸能

スリムクラブ [芸能]

暴力団幹部の会合で闇営業し無期限謹慎処分となったお笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」は自宅で反省の日々を送っている。芸人仲間によると「暴力団とは全く知らなかったようで軽率な行為を悔やんでる。子供のことや家族への影響を心配してます」という

 2組は16年8月、フリーのモノマネ芸人・バンドー太郎(48)の仲介により暴力団幹部とは知らず会合に同席。バンドーはスポニチ本紙の取材に「その時、初めて闇営業に誘った」と証言している。

 関係者によると、スリムクラブ真栄田賢(43)が探偵役を務める朝日放送(大阪市)の番組「探偵!ナイトスクープ」(東京MXなどで放送)では共演者から心配の声も上がっているという。同番組には局長役で西田敏行(71)らが出演。スタッフの一人は「真栄田さんが会合に参加したことは反省しないといけない。ただ、みんな彼の説明を信じている。何とか苦境を乗り越えてほしい」と話した。

共通テーマ:お笑い

あゆ [芸能]

浜崎は、自身のInstagramにて「トラブル(ミスアン)ツアー、毎ステージ確実にお客様のテンションを更新し続けながら進んでますがっ」「来週の東京大丈夫ですか?と想像しただけで、おでこ汗ジワる」「体力つけとこねーーーん」「#TROUBLEツアー2019 #misunderstood Photo by @masayukikamo」などと、現在開催中のツアーについて触れたコメントやハッシュタグを添え、ニーハイブーツ&ミニスカートに赤いTシャツを合わせ、ピースした写真や、ステージから客席の方に身を乗り出すように歌う写真などを公開したようです

この写真の公開に、ファンからは「可愛いー」「あゆピース」「めちゃ可愛い~」「あゆ姫衣装凄いねぇ」「格好良くて可愛い」などの声が上がっていた。

現在『ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A(ロゴ) -misunderstood-』を敢行中の浜崎。21日は長野・まつもと市民芸術館での公演が開催された。また、28日には東京・人見記念講堂、30日には神奈川・カルッツかわさきでの公演が予定されている。同ツアーは2020年までのロングラン公演となっており、浜崎あゆみ史上においても、スタートから2年越しのロングラン公演は初の試みだという。
タグ:あゆ

共通テーマ:音楽

斎藤工 [芸能]

最近、ネットでは斎藤工(37)の“神対応”が話題になっている。6月11日、シンガポール観光大使を務める彼が、都内で開催された「シンガポール・フーディーズ」に参加。同国の魅力を語ったばかりでなく、「全員に食べて欲しい」と自ら報道陣に料理を運んできたというのだ。実はその3日後、六本木で行われた、とある番組のパーティーでも

 6月14日、六本木駅からほど近いイタリアンの店には、芸能人やテレビ局関係者など100名近くが集まった。パーティーの発起人はヒデちゃんこと中山秀征(51)。彼がMCを務めた夕方の情報・バラエティ「ラジかる!!」(日本テレビ:2005年10月~06年3月)、これに続く朝の情報・バラエティ「ラジかるッ」(同:06年4月~09年3月)の卒業10周年の同窓会である。

 参加者の一人が言う。

「同窓会と同時に、ヒデちゃんと一緒にMCを務めた賀集利樹(40)が4月に結婚したこと、そして宮崎宣子アナ(39)が独立したこと、そして当時のプロデューサーが還暦を迎えたことも一緒に祝っちゃえというパーティーでした。番組が終了して10年も経つのに、こんなに集まるとは思いませんでしたよ」

 そこには、元フジテレビアナのチノパンこと千野志麻アナ(41)も現れたという。

「彼女が13年に死亡事故を起こして全ての番組を降板して以来、こうした場所に出席したのは初めてかもしれません。彼女にとって『ラジかるッ』は、フジを退社してから初の他局レギュラー番組でしたから、思い入れもあるんでしょうね。そろそろ現場復帰もしたいでしょうし、スタッフに挨拶して回っていましたよ」

 そして、斎藤工が現れたのである。

「ひょっとしたら来てくれるかも、と言う人はいました。ですが、まさかホントに来るとはね。もう女性陣は大騒ぎでした」

 それはそうだろう、今や飛ぶトリを落とす勢いの工クンである。

「ファンの間では有名な話ですが、彼はまだ売れる前、夕方『ラジかる!!』のレギュラーでした。といっても、オーディションで選ばれた番組マスコット的なイケメン5人組“ラジかる5”のうちの一人で、視聴者から番組に届いたお便りを読み上げるという役目でした。そして番組が朝に変わった『ラジかるッ』では、旧“ラジかる5”からは唯一、継続して出演することになったのが彼です。やっぱり華がありましたし、真面目でしたからね」(同)

 朝の「ラジかるッ」で生き残ったのはいいが、そこで任されたのが金曜日の新コーナー「レッド&たくみの誘われて人妻温泉」という企画だった。お笑いコンビTIMのレッド吉田(53)と共に、悩みを抱える人妻を、温泉とイケメンでもてなし癒やす……、朝っぱらから放送する? なんて声もあった企画だった。

「人妻と混浴までして、頑張っていましたけど、彼にとっても“黒歴史”かもしれません。だから、来ないかもしれないと思っていた人が多かったと思います。そこへやって来て、『私が今あるのは“人妻温泉”のおかげです』とスピーチまでしてくれたんですよ」(同)

 当時は、もちろん悩みもあったらしい。本人曰く、

「俳優を目指すはずが、情報生番組の人妻と混浴温泉リポートだけで、ちょっと腐っていました。その時、救ってくれたのが毎回、現場から自家用車で送ってくれたレッド吉田さんの言葉でした。『君はこれで終わる人間じゃない。きっとこの経験が生きるから、腐らず頑張れ!』、この言葉で、僕は今までやってこられました」

「スピーチを聞いて、感涙にむせんでいる人も少なくなかった。これこそ神対応でしたよ」(参加者)

 会場では、“ラジかる5”の一人として、斎藤が手紙を読み上げていた時代のVTRも流されて、盛り上がったという。義理堅き男。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月22日 掲載
タグ:斎藤工

共通テーマ:芸能

指原莉乃 2020年東京五輪観戦チケット [芸能]

4月にHKT48を卒業したタレントの指原莉乃(26)が20日、自身のツイッターを更新。2020年東京五輪観戦チケットの抽選結果が届き「当たってたー!」と報告したようです

 続けて「ほぼ落選してたのでオリンピック貧乏は避けられた 安心」とつづり、どの種目に当選したかは明かさなかった。これに対しファンからは「おめでとう!」「すごい」「やったね」などと祝福のメッセージが相次いだ。

 指原は5月24日、自身のツイッターで「#オリンピック」とハッシュタグを添え、東京五輪観戦チケットの申し込みをしたことをツイート。「最大支払い総額1560000円(税込み)」と表示された写真もアップし、「当たりたいけど当たったら終わる」と一言つぶやいた。これを受けファンからは「どんだけ申し込んだの」「莉乃ちゃんならキャッシュでイケるでしょ!」「さすが一流芸能人」など反響コメントが寄せられていた。

 東京五輪の観戦チケット抽選結果は6月20日に発表された。

共通テーマ:芸能

三船美佳 [芸能]

6月中旬の午前9時ごろ、大阪市内のマンションから一組の男女が仲よく出てきた。キャップを目深に被っている女性は、三船美佳(36)だ。そして隣を歩く男性は、美容室経営者の夫・Tさん(40)。三船が今年4月に再婚を発表して以降、初の夫婦ショットとなる。美容室へと出勤するTさんを送りだすため、三船はしばらく並んで歩いていく。その表情には、幸せに満ちた明るい笑みが浮かんでいた

三船は98年、16歳という若さで高橋ジョージ(60)と結婚。24歳も年の離れた“おしどり夫婦”として、注目を集めていた。そんな結婚生活に陰りが見えたのが、13年12月。三船は長女(14)と母を連れて大阪へ逃亡し、別居生活がスタートしたのだ。

「15年1月にそうした夫婦の亀裂が発覚すると、3月に離婚裁判が勃発。原因は高橋さんの“モラハラ”と報じられ、話題を呼びました。裁判は泥沼化しましたが、1年後の16年3月に離婚が成立。長女の親権は、三船さんが獲得することになりました」(芸能関係者)

母娘と2人きりで生きていく。そう決意した三船の前に現れたのが、Tさんだった。

「当初は戸惑う気持ちもあったそうです。背中を押したのは、三船さんの娘さんでした。娘さんは三船さんと高橋さんとの離婚騒動を近くで見てきました。高橋さんとは会いたくないと言っていると報じられたこともありましたが、そんな彼女がTさんには心を許したのです。それが決め手となり、三船さんは再婚を決断したのです」(前出・芸能関係者)

そんな彼女が選んだ新居は意外なところだった。

「三船さんが住んでいるのは、大阪市内でも下町といっていい場所。セレブが住むような高級住宅街ではなく、古い戸建てやアパートが立ち並ぶ庶民的なエリアです。住んでいるマンションもごくごく普通。新築ではありますが、ファミリータイプの3LDKで家賃は月15万円ほどでしょう」(不動産関係者)

高橋と結婚していたころ、三船は“合計3億円”ともいわれる豪邸に住んでいた。直撃の際に高橋が乗っていたのも、高級輸入車。誰もがうらやむほどの“セレブ生活”だった。

「大阪に引っ越した後も、三船さんが娘と暮らしていたのは超高級マンション。ファミリータイプだと家賃40万円ほどで、浴室にはミストサウナも完備。コンシェルジュサービスまであるという、ホテル並みの豪華さでした」(前出・芸能関係者)

そうしたころと比べると、かなり質素な生活。だが彼女は心から幸せそうだという。笑顔の裏には再婚した夫・Tさんの影響があった。Tさんの知人は言う。

「彼は著名人を担当するようなカリスマ美容師ではなく、いわゆる“町の美容師さん”。Tさんはもともとついていたお客さんを大切にし、古くなったお店も自分で直す。人柄もよく、いつも笑顔であいさつする。そうした姿勢が評判となり、『あのお店はいいよ』という声が増えてきています。三船さんは、そうした堅実でまじめな彼のことが大好きなんです。だからこそ新居もあえて普通の賃貸マンションがいいとTさんに伝えたそうです」

実際、Tさんと暮らし始めたことで三船は変わったようだ。近所の住民はこう語る。

「三船さんを近くにある大衆的なスーパーでよくお見かけします。芸能人なのに気取って顔を隠したりせず、普通に買い物をしていますね。それに芸能人って、高級なジムに通っているイメージがあるじゃないですか。でも彼女は普通の主婦と同じように、近所をジョギングしています。だから『あの子、本当に質素だしいいコよね』と噂しているんですよ」

“モラハラ夫”から逃亡して5年、笑顔を取り戻した三船。長女や夫・Tさんとの“ささやかな暮らし”が、彼女にとってなによりの“宝物”となっているようだ。
タグ:三船美佳

共通テーマ:芸能

ビートたけし [芸能]

タレントのビートたけし(72)が15日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜・後10時)で、自身の離婚について初めて自らの口で言及したようです

 番組冒頭でたけしは「腕を大きく回して離婚の運動! お金取られた」と体操を始めた。安住紳一郎アナウンサーから「何ですか? 今のは」と聞かれると「離婚体操という。身も心もすっきりするという。お金を取られたー。情けない」とボケをまじえて語った。

 再婚については「ないよ。再婚したってしょうがねぇもん」と断言。そして「と、言っててするかも分かんないよ。山里の例もあるから。林家パー子と再婚かなんかして、大騒ぎしてやろうかと。ペーさんが訴えたりなんかして、泥沼合戦。お笑いウルトラクイズだ」と話していた。

 また分与したとされる資産については「おれもお金がないだから。ないって事はどこかに行っているわけで。前の事務所か、あっちか。働いた分は自分で分かっているわけだから」と話した。

 さらに安住アナから「財産は何かもらったんですか?」と聞かれると「家だけ」と即答。安住アナが「家だけ…」と聞き返すと「家と犬小屋。犬小屋はオレが買ったんだ。ない!」と言い切った。

 前日には元妻・幹子さん(68)が、顧問弁護士経由で報道機関に向けたファクスで協議離婚が成立したことを報告。「北野幹子」名義で「私事で大変恐縮ですが、このたび、北野武さんと協議離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます。離婚に至った経過や合意内容につきましては、取材にお越しいただいても、何もお答えすることはできません。何卒ご理解いただき、温かく見守っていただけましたら幸いです」とコメントしていた。

 幹子さんは元漫才師で、1980年にたけしと結婚。1男1女に恵まれた。94年には、バイクで事故を起こし、瀕死(ひんし)の重傷を負ったたけしを献身的に看病した。その後、たけしの女性問題などがたびたび報じられてきたが、40年間にわたって、婚姻関係を続けていた。近年は別居生活だったという。

共通テーマ:お笑い

水曜日のダウンタウン [芸能]

2019年6月12日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)が話題のようです

 この日の企画は「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」。ベテランリポーターとして知られる芸能人たちをターゲットとしてニセ番組に招待し、生中継を妨害する迷惑な一般人(仕掛け人)に対してどのように反応を示すかを検証する企画だ。

■仕掛け人の目をしっかりを見て対話

 このうち、最後に登場した板東英二さん(79)については、「生中継」終了後の様子が「全カット」されたため、視聴者の間で大きな話題に。「板東英二のやつ今見たけどめちゃ気になるな」「マジギレしたんじゃないか?」といったVTRのその後がどうなったかを気にする声がネット上にこだますなど反響は大きいが、その一方で、別のターゲットであるミスターちんさん(55)の「神対応」も話題を呼んでいる。

 4人目のターゲットとして登場したちんさんがバーベキュー場で「生中継」を開始すると、ほかの出演者の時と同様、一般の男性を装ったスタッフが虚ろな目つきでカメラに向かってフラフラと近付いてきた。本当の生中継であればまごうことなき非常事態だが、ほかの出演者が多少なりとも動揺した様子を見せたのに対し、ちんさんは「お父さん、すみません。どうも」と声を掛けつつニッコリ。虚ろな目つきをものともせず、仕掛け人の目をしっかりを見て対話する姿勢を見せつつ、しつこくカメラに歩み寄ろうとする仕掛け人を画面から押し出す動作を続けた。また、「生中継」が一旦終了し、スタッフが男性をつまみ出す際にも、「ちょっと、雑に扱わないよ」と、仕掛け人を気遣った。

 場所を川岸に移し、「生中継」を再開すると、今度は川の中から仕掛け人がビショビショの状態で登場。それでも、ちんさんは仕掛け人を川から引き揚げ、スタッフに引き渡すとタオルを与えることを指示。さらに、インタビューを行っていた「一般人」に対し、「ごめんなさい、ビックリしたでしょ。俺もビックリした」と、これまた気遣いの姿勢を見せた。その後、仕掛け人が川に飛び込んだため、さすがのちんさんも「お手上げ状態」に。そこでネタばらしとなった。

仕掛け人が「申し訳ございませんでした」と平身低頭すると、ちんさんは「いや、何か良かったよー」と、非常事態ではなかったことを理解して笑顔。「もう途中で俺、涙出てきちゃってさー」と撮影を振り返った。すると、仕掛け人は「僕も(ちんさんが)優しすぎて泣きそうになっちゃいました」と感極まった様子。大団円の結末には、「想定外のハートフルな結末」とのテロップが表示されたほか、ネット上でも「心が荒んだときは、昨日の水曜日のダウンタウンのミスターちんを見て、清らかな気持ちになりたい」といった絶賛が続出した。

 近年は芸能活動の傍ら、自ら開設した鍼灸院で院長を務めているちんさん。人柄の良さが出たのはもちろん、想定外の出来事にも全く動じずに対応できたのは、患者の体の不具合に向き合い、それを癒す鍼灸師としての職業柄も丁寧な対応に反映されていたのではないだろうか。


共通テーマ:テレビ

田口淳之介 小嶺麗奈 [芸能]

土下座謝罪の先には――。

5月22日に大麻取締法違反容疑で逮捕された元「KAT-TUN」田口淳之介被告と、“内縁の妻”小嶺麗奈被告が6月7日、勾留先の警視庁湾岸署から保釈された

2人は5日に同法違反で揃って起訴。小嶺は5日に保釈申請を出し、田口は6日に申請した。保釈金はともに300万円。

「強制性交罪で起訴された新井浩文の保釈金が500万円。5日に初公判が開かれたピエール瀧は400万円でした。田口と小嶺は会社を共同経営しており、財布は一緒。2人で計600万円ですから、一般的な金額かと思います。生活に困窮していたというほどではなさそうです」(スポーツ紙記者)

このところ有名人を連続逮捕して名を上げた「マトリ」こと関東信越厚生局麻薬取締部は、この1週間を「マトリウィーク」と名付け、5日のピエール瀧の初公判、田口と小嶺の保釈で、実績アピール&違法薬物の恐ろしさを世に広める算段だった。ところが、現場記者によると、

「小嶺が保釈直前になって『私は一般人。(マスコミに)撮られなくない』と言い出した。そのため、彼女は田口が出る直前に裏口から“逃走”。湾岸署では田口だけがコメントすることになったんです」

という。驚いたのは、スーツ姿で報道陣の前に出てきた田口だ。

「多大なるご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。金輪際、大麻などの違法薬物、そして犯罪に手を染めないことを誓います。しばらく私自身の芸能活動を休止させていただきます」

と述べたあと、頭を地につけ20秒間土下座。その後、四方に頭を下げて湾岸署をあとにした。かつてのトップアイドルが土下座とは……。

「田口をマスコミの生け贄にして、小嶺はしれっと逃げた印象です。今回の事件の“主犯”は彼女。10年以上前から半グレとの交際や違法薬物との接点がウワサされていました。そういう人たちからすれば、彼女にいろいろ喋られるとマズイ。マスコミの追跡をかわし、囲っておきたいと考えるは当然でしょう。裏口からの脱出はそうした闇人脈からの指示ではないかとも言われています」(現場を取材したワイドショー関係者)

保釈条件には、それぞれが別々の住居で暮らし、接触を禁じる一文もある。大麻の共同所持に問われている以上、更正のために離別は必須条件。一部では双方の代理人がすでに破局の話し合いを行っていると報じられたが、実際に別れられるかは疑わしい。

「2人の交際は10年以上で、『共依存』に近い状態。特に田口はKAT-TUNを捨ててまで、彼女と一緒にいることを選んだ。年上の小嶺は姐さん女房のように振る舞いながらも、田口の3歩うしろを歩き、立てることも忘れない。田口の依存度は大麻よりも上という人もいる。初公判で『2度と会いません』と誓ったところで、偽装破局の可能性もある」(スポーツ紙記者)

鍵を握るのは、田口の肉親だ。もともと家族仲は良好だったが、小嶺との交際に田口の母親が猛反対。きまずくなった田口は小嶺方の母親に心を開くようになっていた。

「田口が小嶺親子に“洗脳”されていると言う人もいる。彼を健全な道に戻すには、田口家が一丸となって彼を“奪還”するしかない。保釈後、田口さんは家族のもとに身を寄せることになりそうだが、そこでどのような話し合いが持たれるか注目だ」(テレビ関係者)

土下座の先に明るい未来が待っていればいいのだが……。

共通テーマ:芸能

山口百恵 [芸能]

昭和時代の伝説的アイドルだった三浦(旧姓山口)百恵さん(60)が7月末に39年ぶりに著書「時間(とき)の花束 Bouquet du temps(ブーケ デュ タン)」(日本ヴォーグ社)を7月末に刊行し、百恵さんの近影も収められる予定であることが7日、分かったようです

 百恵さんは人気絶頂の1980年、俳優・三浦友和(67)との結婚を機に引退。その後は、ほとんど写真を公開しておらず、貴重なショットとなりそうだ。著書は同年に出版した自叙伝「蒼(あお)い時」以来。

 -ヴォーグ社によると、同著はキルトの作品集。百恵さんは三十数年間にわたってキルト作品を制作。今書では、その中から約70点を撮影して収録しているという。布を貼り合わせ、絵画のように仕上げたパッチワークや、ビーズ織りの作品などが主で、担当者は「ご主人やお子さんのためにつくった作品もある」と説明。友和、長男で歌手の三浦祐太朗(35)、次男の俳優・三浦貴大(33)への愛情があらわれた結晶も見られる。

 文章は、それぞれの作品にまつわるエピソードなどを編集者が聞き取って構成しているという。百恵さんは後書きで「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」と記している。

 同社の担当者は「百恵さんがキルト作家として表現した完成度の高い作品を見ていただくことで、手仕事が人生を豊かにするということを知ってほしい」と話している。

 同書はオールカラーで128ページ、2160円。
タグ:山口百恵

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。